クリーニング(予防)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning) とは?

prevention_pmtc

“コントロールプログラム”とは、お口の中の環境を専門家による徹底的な清掃と病巣の除去により劇的に改善し、自分自身でお口の中の環境を日常的にコントロールできるようになっていただくための特殊なプログラムです。
お口の中の環境を日常的にコントロールできていれば、一度きちんとした治療を受けた後は、虫歯や歯周病の発生・進行を防ぐことができ、また何度も歯を治療し続ける必要もなくなります。

バイオフィルムが原因です。

歯の表面や歯と歯肉の間などに汚れがたまると、それを栄養にして細菌が集まります。
すると、歯の周囲の細菌は複雑にからみあいながら細菌巣を形成し、細菌自身が分泌するフィルム状のバリアーに守られた状態で、歯の表面に非常に強固に付着してしまいます。
これを“バイオフィルム”といいます。

虫歯、歯周病はバイオフィルムによる感染症です。また、胃潰瘍・胃がん・アトピー皮膚炎・脳梗塞・心筋梗塞・肺炎・リュウマチなどの原因のひとつになっているとも言われています。
バイオフィルム感染症に対する治療の原則は、お口の中の環境の改善と、バイオフィルム自体の徹底的な除去です。

ゆりの花の写真

バイオフィルムの除去には、PMTCが最も効果的な方法です。

バイオフィルムの除去

バイオフィルムはバリアーに守られた状態で、歯の表面に非常に強固に付着しているため、いったんできてしまうと通常の歯磨きやクリーニングでは除去できませんし、薬品もバイオフィルムを通り抜けるのが難しく、抗生剤や殺菌剤などの化学療法もあまり効果的ではありません。
ですから、バイオフィルムの除去には、どうしても専門的な技術とアドバイス、専用の器械によるクリーニングが必要になってくるのです。

PMTCの効果は?

PMTCの効果

PMTCはどうやるの?

STEP-1スケーリング

いわゆる”歯石取り”で、スケーラーという道具にて歯の表面の歯垢(プラーク)や歯石などの汚れを取っていきます。
超音波などを利用した器械式のものと、手で行う手用のものとがあります。
しかしこれだけだと、バイオフィルムやステイン(タバコのヤニ、コーヒー、お茶などによる着色)までは除去することができず、スケーリングにより歯の表面にざらつきや細かい傷が残り、汚れが付きやすい状態になっていますので、完全とはいえません。

スケーリング

STEP-2バイオフィルム除去・研磨

バイオフィルム除去・研磨

専用のチップとフッ化物の研磨ペーストを使用して、歯の表面をピカピカに磨き上げ、ざらつきや細かな傷を取るだけでなく、バイオフィルムを徹底的に除去します。
歯の一本一本の状況に応じて器械やペーストを使い分け、歯の表面やお口の中の組織を傷つけることなく、すみずみまできれいにしていきます。
こうすることにより本来の歯の白さが戻り、プラークやステインの再付着を予防してくれます。

STEP-3歯の表面・歯周ポケットの洗浄

消毒薬を含んだ洗浄液にて、歯の表面や歯周ポケット内を洗浄します。
これにより、除去された歯石やバイオフィルムの残骸、研磨ペーストなどを歯周ポケット内からも残さず洗い流し、お口の中が清潔で快適な状態になります。
また、ここまでのステップにより個々の歯は、歯の表面のバイオフィルムや汚れが取れ、次のステップでフッ素を取り込みやすい状態になっています。

歯の表面・歯周ポケットの洗浄

STEP-1フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素を歯に塗布・浸透させ、歯質の強化により虫歯や知覚過敏を予防します。
フッ素は歯の再石灰化を促進させ、虫歯に強い歯をつくる性質を持っています。歯の表面に直接高濃度のフッ素を塗布しますので、効率的に取り込むことができ、知覚過敏や初期の虫歯であれば、歯の再石灰化により症状や進行を抑制できます。