インプラント

インプラントと再生医療

骨が十分にあるかどうか

インプラントを希望される場合、もともとが歯周病や歯根の病気により、歯の周りの骨が吸収してしまったことによって歯を失ってしまった場合がほとんどですから、インプラントを埋め込みたい部分の骨が十分な状態でない場合が多いのが現状です。

従来、骨がない部分にはインプラントは不可能とされていましたが、現在では骨を増やす補助的な方法を併用することによって、ほとんどの症例でインプラントが可能となっています。
しかし、そういった知識・技術がなければインプラントの適応範囲は広がらず、”骨がないのでインプラントはできません”ということになってしまいます。
もし、以前に骨がないからということでインプラントを断念された方でも、当院では最新の再生医療、骨の移植などを行うことによって、インプラントが可能かもしれません。

再生医療の発展によりインプラントの対応範囲は飛躍的に拡大しています。

インプラントにあたり、その部分の骨が十分でない場合、無理な状態でインプラントを行ったとしても長期的な安定は期待できません。
適切な骨の条件で行ってこそ、インプラントの長期安定が望めるのです。
私たちは、骨の再生療法(骨増成術、上顎洞底挙上術、骨移植術など)を行うことにより、インプラントをより多くの方に、安全に提供させていただいております。
またその際にも、一般的には他人から採取した骨(他家骨)や牛などの動物骨(異種骨)が、何の説明もなく使用されているのが現状ですが、私たちは将来的な感染の疑問が残るためそういったものは使用せず、ご自身の血液の中から、骨を造る成分を抽出して利用したり(PRP)、ご自身の骨や移植後にはご自身の骨と置換される化学合成された人工骨(β?TCP)などを使用しておりますのでご安心ください。

“骨がないからインプラントはできない”と他の歯科医院で診断されインプラントを諦めておられた方も、私たちに一度ご相談ください。

再生医療の症例写真