インプラント

総合歯科医療とインプラント治療

インプラントによって、歯がなかったところに歯ができるということはゴールではなく、それは生涯にわたって快適に安定したお口のためのスタートです。
インプラントの長期的な安定のためには、術前の十分な診査・診断、かみ合わせの問題、手術などに関する技術的な問題、日常的なお口の中の環境のコントロールの問題など、多くの問題が複雑に関係してきます。

私たちは、総合歯科医療という考えのもと、あなたのお口の中を総合的に長期的な展望を持って治療を行い、”また歯がダメになったら、インプラントをすればいい”という考えではなく、”今後、これ以上歯を失わないようにするため、自分の歯を守るためにインプラントをする”という想いを大事にしたいと考えております。

症例写真1

症例写真2