矯正歯科

見えない矯正

“歯並びを治したいけど、装置が目立つし・・・・”といった見た目の問題から、矯正歯科治療に踏み切れなかった方でも、他人に気付かれないように歯並びを治すことができるようになっています。

あなたのご希望・状況に合わせた矯正歯科治療について、お気軽にご相談ください。

女性が大きく口を開けている写真

裏側矯正

“歯の裏側からの矯正歯科治療”について、お聞きになられたことがありますか?

通常の矯正歯科治療では、矯正装置を歯の表側につけるため、どうしても他人から装置が見え、目立ってしまいますので、治療期間中のストレスは大きなものがありました。
裏側矯正は歯の裏側に装置をつけ、他人から矯正装置が見えない矯正治療です。
“他人から見えない”ことが最大のメリットであり、あらゆる年齢の方に有効で、従来の矯正歯科治療と比べても治療効果はほとんど変わりはありません。

透明な装置による矯正治療

歯の表側につける矯正装置を透明なもので行う矯正歯科治療です。
絶対に他人に見えないほうがいいという方には、裏側矯正という選択になりますが、できるだけ目立たない方法をという方には、透明矯正装置による治療は大変効果的です。

インプラント矯正

インプラント矯正とは、通常の矯正歯科とインプラントを組み合わせた画期的な治療法です。
従来での矯正歯科では難しかった歯の動きを可能とし、治療期間の大幅な短縮や今までなら歯を抜かなければならなかったケースでも、歯を抜かずに治療ができ、外科矯正(アゴの骨をを切る手術など)を回避することも可能となりました。
矯正歯科治療に用いるインプラントは、通常のインプラントと比べて非常に小さなもので、インプラントの手術も局所麻酔による簡単な処置ですので、お痛みもほとんどありません。
矯正歯科治療において必要がなくなりましたら、インプラントは除去し、跡が残ることはありません。

コルチコトミー手術(皮質骨骨切り術)

この新しい術式により、矯正期間の大幅な短縮(約1/2〜1/3)が可能になりました。
つまり、今まで3年かかっていた方が、1年?1年半ほどで矯正治療を終えることができるのです。
この治療法は、手術により歯を支えている骨の表面に切れ目を入れて、歯と骨とを同時に移動させ、無理のない短期間の矯正治療を可能にしました。
また、成人矯正の問題点とされていた、矯正治療中の痛み、歯根吸収、矯正歯科治療後の後戻りなども大幅に軽減されるメリットもあります。

外科矯正

下顎の突出(受け口)・骨格性の歯列不正・顔貌の非対称などは、通常の矯正治療だけでは改善が困難で、外科矯正が必要になる場合があります。多くの場合、矯正歯科治療を行った後に手術が行われ、その治療には、専門医・専門施設との連携が必要不可欠です。

矯正歯科は、子供だけの治療だと思っていませんか?

現在では”成人矯正”は治療としてしっかりと確立され、以前とは比較にならないほど進化を遂げています。成人の方が矯正歯科治療を希望されるきっかけは、見た目でのお悩みや、かみ合わせの問題などの理由がほとんどですが、大人は治療ができないのではないか、子供と違って治療期間が長くなってしまうのでは、といった懸念や、矯正装置による見た目の問題などを気にされて、あきらめておられる方が多いように感じられます。