口腔外科

口腔外科とは、お口の中と顎顔面の外科的治療を扱うものです。
また、外科的な処置だけではなく、お口の中の症状との関連から、全身疾患や口腔ガンなどの早期発見なども口腔外科領域での重要な役割です。

口腔内小手術
親知らず・埋伏歯などの抜歯・顎骨のう胞摘出など
インプラント
インプラント手術・骨移植などを伴う高度治療・インプラント矯正など
顎関節症
アゴの関節がカクカク音がする・痛い・口が開けにくいなど
顎変形症
上下顎前突症・開口症・骨格性の歯列不正・コルチコトミー手術など
口腔粘膜疾患
口腔がん検診・舌炎・舌痛症・口腔乾燥症など
いびき
睡眠時無呼吸症候群・マウスピース作成(歯ぎしりにも効果的)

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずだからといって必ずしも抜歯が必要とは限りませんが、傾いていたり、真横を向いて埋まっている場合も多く、親知らずが原因で手前の歯に虫歯ができたり、頻繁に歯肉が腫れたり痛くなったりする場合には抜かないと根本的な解決にはなりません。
抜歯にかかる時間、術後の腫れや痛みは、親知らずの状態はもちろん歯科医師の技術的な差が大きく影響します。
大きい病院だと対応に時間がかかるうえ、実際に親知らずの抜歯を担当するのは研修医などの若手の先生の場合がほとんどですので、大きな病院の口腔外科だから技術的にも安心とは必ずしも言えません。
親知らずでお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

顎関節症

アゴの関節がカクカク音がする、お口が開きにくい、アゴの関節やその周囲の筋肉に痛みがある、このような症状をまとめて顎関節症といいます。

かみ合わせ・歯ぎしり・生活習慣・ストレスなど、さまざまな原因が顎関節症には影響していますので、その治療には総合的な診査・診断が重要です。

顎関節症

顎変形症

下顎の突出(受け口)・骨格性の歯列不正・顔貌の非対称などは、外科手術(外科矯正)で改善なければならない場合があります。
多くの場合、矯正治療を行った後に手術が行われ、その治療には、専門医・専門施設との連携が必要不可欠です。

口腔粘膜症患(口腔ガン検診)

口腔粘膜症患

お口の中の粘膜は、口内炎から癌、全身疾患の先駆症状まで、いろいろな症状を示します。
初期のサインを見逃さずに、適切な処置をすることが重要です。