歯周病治療

歯周病は自覚症状が無いままに進行することが多いため、症状が現れたときには重度の歯周病にまで進行していたり、歯の周囲の骨が溶けて、歯がグラグラになってしまったりといったことがよくあります。また、糖尿病・心臓病・胃潰瘍・胃がん・アトピー皮膚炎・リュウマチなどの全身疾患の原因のひとつになっているとも言われている生活習慣病です。

歯周病の予防プランとして、私たちはお口の中の環境の改善と日常のコントロール(コントロールプログラム)と、バイオフィルム自体の徹底的な除去(PMTC)、予防的なクリーニング(クリーニングプラン)を提案しております。

まずはお口の中の総合検査にて、詳細な診査・診断を行い、現状の正確な把握をしたうえで、あなたのお口の中の状況に合わせた歯周病治療の治療計画の立案・実行が必要となります。

検査の段階ですでに歯周病が進行してしまっている場合には、日常的な歯磨きや予防プランだけでの改善は限界があります。 その場合には、歯周外科治療(歯周病の手術)・歯周組織の再生療法(GTR・エムドゲインなど)により歯周病の治療を行う必要があります。

歯周病治療イメージ図

歯周病外科治療

歯茎を縫っている写真

進行した歯周病では、日常のホームケアでもその進行を防ぐことができませんし、歯周ポケットの深い部分での歯石や細菌巣は通常のクリーニングでは取り除くことができません。

そこで歯周外科治療にて、歯に付着している歯石や細菌巣、炎症を起こしている歯肉を徹底的に取り除きます。それによって深い歯周ポケットをなくし、歯を支えている骨や歯肉を健康な状態に改善できます。

歯周組織の再生療法

再生療法とは、歯周病によって失われた歯の周りの骨・歯肉を再生させる治療です。

現在再生療法には、GTR治療(コラーゲン膜を応用した組織再生療法)・エムドゲイン治療(特殊なタンパク質を応用した骨再生療法)などや、それと併用して行う骨移植などがあります。

歯周外科手術とエムドゲインゲルの塗布