審美歯科・ホワイトニング

ホワイトニングについて>

歯の色を気にされている方、もっと白い歯になりたいと思われている方へ

ホワイトニングのイメージ

従来、歯を白くする場合には、歯を削って、希望する色のセラミックなどを貼り付けたり、被せたりといった処置が行われていました。しかし、虫歯でもない歯を削る必要があるため、歯が弱くなってしまったり、将来的に虫歯や歯周病のリスクが高まってしまったりといった問題があります。
それに対して、”ホワイトニング”とは、歯の表面から薬剤を浸透させ、歯の中の着色物質を分解させることにより、歯を漂白する方法です。

特殊な薬剤が、歯の内部から着色物質のみに作用し、歯を白くするため、歯を削ったり、弱めたりすることなく、あなたの生まれ持った歯の色よりもさらに白く、輝く美しい歯に変化させることができます。

どういった歯の白さを求めていらっしゃいますか?

歯の変色の原因には、大きく分けて2種類あります。

  1. 歯の表面の歯石・歯垢などの汚れの付着、タバコのヤニ・茶渋などの着色による外因性のもの。
  2. 加齢による歯の黄ばみ、病気や外傷、薬剤の副作用などにより、歯そのものの色が変化してしまっている内因性のもの。

外因性の変色は、ホワイトニングをしなくても、クリーニング(スケーリング・PMTC・ジェットクリーニング)で、あなたが生まれ持った歯の色までは取り戻すことができます。
生まれ持った歯の色よりもさらに白くしたい場合や、内因性の歯の変色の場合には、ホワイトニングをしないと、歯を白くすることはできません。

つまり、生まれ持った歯の色を取り戻した段階で、あなたが満足できるのであれば、わざわざ時間と費用と薬剤を使ってまでホワイトニングをする必要はないでしょうし、より白くて美しい歯の色をお望みであれば、ホワイトニングという選択をする必要があるでしょう。

ホワイトニングに用いる薬剤を十分に浸透させるためにも、ホワイトニング前のクリーニングは必須ですので、クリーニング後にあらためて、ホワイトニングに関してのカウンセリングをさせていただき、ホワイトニングのメニューを決定いたします。